猫のペットホテル(キャットホテル)

環境の変化に敏感な猫を2日間ペットホテル(キャットホテル)に預けるか、家に置いていくかどちらが良いのか?

猫は一般的には「1泊2日程度であれば、飼い主がいなくても大丈夫」というようなことを耳にすることがあります。猫によって性格の違いもありますので、一概には言えませんが、犬のようにご飯をあげたらあげた分だけ食べてしまうというわけでないでしょうから(すべて食べてしまう猫ちゃんもいるかもしれませんが^^;)、犬とはまた少し違うのかなという印象ではあります。しかし、本当に大丈夫なのでしょうか?心配になりますよね。

まず大前提として、どちらの選択肢でも多少なりともストレスを感じてしまうということだけは忘れずに対策を考えましょう。

ネガティブな内容になってしまうかもしれませんが、大切なペットのことなので、ぜひリスクなどよくわかった上で判断をされることをお勧めします。

まず、ペットホテルについてです。

猫はストレスを感じやすく、自分のテリトリーを大事にする、言ってしまえば臆病な生き物です。ペットホテルには多くの他種類の動物がおり、通常時は狭いゲージの中で1日を過ごす事になるのです。これは猫にとってかなりのストレスになると思います。猫によっては、ご飯を食べなくなったり、トイレをしなくなったりすることも考えられます。猫は、2日以上おしっこが出ていない状態が続いてしまうと、命にかかわる可能性がありますので特に注意が必要です。どのようなペットホテルを選ぶのが良いのか。それはやはり猫に慣れた猫専門のペットホテル、いわゆる「キャットホテル」の方がより良いかもしれません。 餅は餅屋、やはり猫に慣れたスタッフさんが多くいるところの方が安心はできそうですが、当然ホテルによって違いがあるので直接質問や下見をぜひしてから判断してくださいね。

では、家に置いていく場合はどうでしょうか?

飼い主が長期でいないことにより、多少のストレスはやはり感じると思います。そしてストレスにより体調が悪くなった場合、誰も自宅にいない為、発見できるのは飼い主が戻ってきてからになってしまう点は心配です。そのへんで安心できるのはペットホテルかと思います。また、飼い主がいないことにより室内のいろんな場所で爪研ぎをしてみたり、普段はしないところで粗相をしたりも考えられます。しかしながら、いつもいる自分のテリトリーで一日を過ごせる点は、猫にとってはペットホテルより良いかと思います。

どちらにしても、いきなり2日間外出される前に、お試しで一泊を経験させてみてから判断されるのが良いでしょう。

猫によってあう・あわないは必ずありますので、面倒くさがらずにやってみてください。

ペットホテルに預けるのが良いか、家に置いていくのが良いか、結果的にどちらが良いのか決めるのは難しいですが、猫の特性やそれぞれの性格を考えた上で、一番安心して外出できるようにするのがベストではないでしょうか。

とにかく、言葉を発して説明ができない猫ちゃんの心の声を聞いてあげて、一番良い結論を出してあげてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ