ペットホテルの保証

ペットは飼い主の家族

自分の大切なペットをホテルに預けることは誰もが不安になります。 特にペットが無事に帰ってくるかという点は一番不安に思う所では無いでしょうか。

もちろん、ペットホテル側はお金を貰い、預かるので怪我や病気にかかったり、死亡する事があってはなりません。

ですが、万が一そのような事態が起きてしまった時は、どう対処すればいいのでしょうか。 考えたくもない事態ではあると思いますが、いざというときのための参考になればと思います。

ペットホテル側の保証は基本的に初めて利用する際に書く契約書の内容に準拠しています。

細かく記載されているのであれば、保障上限金額などが載っているケースもあります。 しかし、保障内容のすべてがその契約書に載っているわけではありません。 では有事の際はどのように保証内容は決められるのでしょう。 不測の自体は明らかなペットホテル側の管理不足や、慣れない環境の中でのストレスに依る場合など、原因は様々です。 ほとんどの場合は当事者同士の話し合いになります。

そこでペットホテル側からの保証内容や、どうしてそうなってしまったのかなどの説明があるはずです。

話し合いの中で腑に落ちない事や、その説明や保証内容に不満が出ることは当然ありますよね。 特に死亡したという場合には、その場にいなかった飼い主に真偽を確かめるすべはありません。 それにどんな理由であれ、飼い主にとってはペットは家族同然なので許せないのではないかと思います。

保障内容に納得できない場合は?

では話し合いで納得いかない場合はどうするべきなのでしょうか。 最初に思いつくことは裁判などにより、法的に話をつける方法だと思います。 ですが、裁判となると時間と費用がかかりますし、納得いく結果にならない場合も多い様です。 まずは、とにかく冷静に落ち着くことに勤めてペットが浮かばれるかを考えましょう。 例えば、豪華なお墓を建ててあげるとか、生前の遊び道具を大事に保管するということです。 それに伴いお金や何か必要になるものを話し合いで保証してもらうと良いのではないでしょうか。

こうして考えるとペットホテルの保証は飼い主が納得し辛い部分があります。

精神的な面が大きいので致し方ないことではあると思います。 そこでホテルを決めるときはサービス・料金だけではなく、契約書や規約などにもしっかりと目を通すようにしましょう。 後悔先に立たずなので、保証内容が充実しているホテルを基準に選ぶのも良いのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ