ペットホテルに預けられない犬種はあるのか?

お出かけの際はペットは何処へ家を数日間空ける際、飼い主さんはペットをどこかに預けなければなりません。 その時にペットホテルの利用を考える方は多いでしょう。ペットをホテルに預ける際はうちの犬は大きいから、珍しい犬種だからなど、ホテルで預かってくれるか心配になりますね。では、実際にペットホテルで受け入れてもらえない犬種はあるのでしょうか。 受け入れてもらえない可能性がある犬はどんな犬なのかも併せて調べたのでご覧下さい。まずペットホテルの規模によって受け入れ出来るのか、出来ないのかが決まってくる様です。かといって、大きい犬種は受け入れていませんというホテルはほとんどありませんし、珍しい犬種だからと断られるホテルもありません。ペットによっては預けることが出来ない!?では、規模によって受け入れてもらえないのは何故なのか。 それは規模が小さく、預かるスペースが小さい場合で、大型犬は大きなスペースが必要となり定員が限定されるからです。 次に持病がある犬は受け入れて貰えない可能性が高くなります。 ホテル側も持病がある犬を預かるのはリスクが高い為、受け入れないことは仕方ないことと言えます。しかし、どうしても持病のある犬を預けないといけない時はどうすればいいのでしょう。もちろん、預かってくれる場所はあります。 それは動物病院が併設しているペットホテルです。 飼い主の方も安心して預けることが出来ますね。まさに備えあれば憂いなしこうして考えてみると、大型犬にしても持病持ちであっても犬を預かってくれる場所は必ずあります。 あるにはありますが、大型犬の場合は小型犬よりも大規模なペットホテルを探すことになります。 持病持ちの場合は併設しているホテル自体少ないです。 金銭の面や手間という面では少し高くつくことになりますね。 両者ともに急遽ペットを預けなければならない用事が出来た時に探すのでは大変です。そこで予め自分の愛犬が泊まれるホテルを探しておくことをオススメします。そして、もし持病持ちの犬であれば、他の病気にかかる可能性やホテルに預けられる事で掛かるストレスも考えて上げると良いですね。 自分の大切な愛犬の事を考えてホテルを選んで上げるのも飼い主の務めなのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ