ペットホテルでの温度調整

ペットホテルの主役はペット

ペットホテルは自分が実際に泊まる訳ではありません。 飼い主が一見きれいに保たれていて、清潔感があると思ってもペット目線では違う場合もあります。 なので、衛生管理がしっかりなされているのか、きちんと把握し辛いのが現状です。

管理がおざなりなホテルからペットが帰ってきて体調を崩してしまうこともあり得ます。

そうならない為にもここでペットホテルの管理について一緒に考えて見ましょう。 特に夏や冬の季節に気になるのが、温度調節がしっかりしているかですよね。 熱すぎても寒すぎても体調を崩してしまいます。 ペットのストレスや体調を考えるとこの温度管理と衛星管理二つがとても重要です。

ホテルでのペットの管理

では、ペットホテルの温度調節はどのようになっているのでしょうか。 例えば、犬は暑さに弱く、猫は寒さに弱いです。 それを一色単に管理していては無理がありますよね。

ひどいペットホテルだと経費削減の為に冷暖房を入れず、種類を問わずに同じ部屋に一まとめということもあります。

そのため細かい点までペットホテルを精査する必要があると思います。 例としては夏場は熱中症対策として細めに水分補給を行ってくれる。 冬場は温かいことはもちろんですが、乾燥しないように湿度管理まで行ってくれるところなどです。

また、衛生管理についてですが、それこそ人間のホテル並みのクリーニングを行ってくれるお店が良いと思います。

前利用者の毛一つないぐらいにリセットして提供してくれる店舗です。

こちらもそれ相応のお金を払って大切なペットを預けることになります。

近くだからあそこでいいや、ではなく、サービスの内容にまでしっかりと目を向けて選ぶことが大切です。 しっかりとペットの気持ち、目線になって考えて上げましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ