ペットホテルで必要な資格

昨今のペットブームにより、ペット業界で仕事をしたいとお考えの方も多い事でしょう。

しかし、生き物を扱う仕事で働くにはそれ相応の覚悟が必要です。

どの業界でも仕事に精通する資格をもっていると、優遇されたり就職に有利な場合は多々あります。

では、ペットホテルで働く場合に必要な資格は何があるのでしょうか。

多くのペットホテルでは預かり業務と合わせてペットのトリミングのサービスを行っておりますので、トリマーの資格があると良いです。

トリマーは国家試験ではなく民間の資格となりますが、最もメジャーなものとしては、ジャパンケネルクラブ公認トリマー資格でしょうか。なければ、働けないものではありませんがトリミング技術の他に寄生虫のチェックなど専門知識を必要とされるので、飼い主側へのアピールとして取得しておくと良いかもしれません。

また、訓練士の資格もあると尚優遇されると思います。

訓練士はペットのしつけに関してプロであり、ペットの体調管理などについて知識や技術がある証明にもなりますので、トリマー同様取得を目指したい資格です。その他には、動物看護士や小動物飼養衛生管理士、愛玩動物飼養管理士などの資格があると有利かと思います。

資格とは違いますが、犬の場合だけでみても、仔犬から大型犬まで様々な大きさの犬がいますので、ペットが好きという気持ちだけでは到底成り立ちません。

体力的にも大変な仕事ですので、そのあたりも充分理解しておくことが必要です。

以上のことを踏まえ、生半可な気持ちではまず勤め上げることは難しい業界です。

厳しいことをいうようですが、飼い主の大切なペットを預けるわけですから、私としてはその覚悟がない方にはペット業界に足を踏み入れてもらいたいとは思いません。

ペットホテルに預けられたペットは少なからずストレスを感じています。

そのストレスを和らげられる様、少しでも良い施設へ、そして良いスタッフがいるペットホテルへ預けたいと思うことは普通のことでしょう。良いスタッフといっても、資格をいっぱい持っていれば良いスタッフというわけではありませんが、飼い主へのアピールの材料として資格は取得しておくべきです。

とりわけこの資格がなければ働けない業界ではありませんが、資格があるということは、一般の方より知識がある証明になりますので、飼い主に少しでも安心して預けてもらえるよう一つでも多くの資格取得を目指して頑張ってください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ