ペットホテルで動物にトラブルがあった場合の対処法

ペットを飼っている方であれば、大事な家族であるペットをペットホテルに預けざるを得ない状況になることはあると思います。

ペットホテル側もプロであり、常に万全の体制でペットを迎えてくれることとは思いますが、やむを得ない怪我や病気等のトラブルはつきものです。では、そのような怪我や病気等のトラブルが発生してしまった場合はどのように対処するのが良いのでしょうか。

まずは、預けていたペットを引き取る際に怪我や病気の症状がないかを充分確認することが必要です。

ということは、預ける前にペットの体調の不具合や外傷がないか確認しておく必要があるということです。とはいえ、引き取る際は意外とバタバタしており、実際には自宅に帰ってから発見するということも多いかと思います。

もし怪我や病気の症状があれば、必ずペットホテルに連絡をいれましょう。

ペットホテルに預けた事が要因での怪我なのか、病気なのかを確認することは必要です。そして、時間に余裕があればペットホテルに実際に症状を確認してもらうのも良いでしょう。

私の経験からしますと、電話の連絡だけだとあまり取り合ってくれない事が多いような気がします。

そして、適切に処置をして頂ける病院に連れて行き診てもらいますが、症状の原因について医師からの見解を聞き必要に応じてペットホテルにクレームを入れることは大事です。自分のペットと同じ状況になってしまうペットを少しでも減らせるかもしれません。

人間と違いペットは喋れませんので、全ての状況を把握することは難しいですが、なぜ起きてしまったのか原因を追及することは必要だと思います。

しかし、忘れないで頂きたいのは、飼い主の都合でペットをペットホテルに預かって頂き、そこにお金という対価が発生しているとしても、結果的に飼い主の外出中は面倒を見ていただいていたということです。 クレームは怒りをぶつけるためのものではありません。再発を防ぐためのアドバイスなのです。

ペットホテルにトラブルはつきものです。

どれほど長くペットホテルを経営している方でも、ペットに関しての知識が豊富にある方でも、対人間であり対生き物であるペットホテルではトラブルは起きうるのです。

ペットを預ける飼い主もそのリスクを充分に理解した上で、ペットホテルを利用する必要がありますし、トラブルが起きた際に備えてある程度の知識をもっておくことが必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ