冬のペットホテル

ペットホテルにペットを預ける場合、心配なことはいろいろあります。

怪我などのトラブルから、感染症に感染してしまうなど、考えればキリがありません。しかし、ペットに関して専門のプロが預かってくれますので最低限必要なことが確認できたら思いきって「任せてしまう」という感覚も必要なのかもしれません。ペットホテルのスタッフは私達よりも何倍も多くのペットと接しているわけですから、何かあってもそれ相応の対応ができるはずです。飼い主がペットを愛している気持ちは私もいたいほどわかりますが、心配しすぎるとゆっくりと外出ができないのではないでしょうか。 (まさに私がそうで、最初に預けるときはホテルの方を困らせるほど質問したり申し訳なかったなと・・それに、預けても常に心配で心が休まりませんでした。)

今回はトラブルについてはさておき、飼い主として大切なペットを預ける訳なのでペットホテルについてある程度の知識や情報を前もって頭に入れておくと良いでしょう。

それでは、「ペットホテルにおいて暖房や冷房はかけてもらえるのか?」という点についてお話しをさせてもらいます。地域によって温度変化に差はありますが、多くのペットホテルが冷暖房完備です。 夏および冬にそれぞれ適した室温でペットを預かってもらえるので、ペットにとっては快適なことでしょう。飼い主に預けられ、ストレスを感じる環境下において外的ストレスはもってのほかです。

私の飼い犬は夏の暑さよりも冬の寒さに弱く、冬にストーブをつけていると1日をほとんどストーブの前で過ごします。

気が付けばストーブの熱で毛が焦げてしまう程です。 地域によっては、人間であってもエアコンがなければ体調を崩すこともあるかと思います。

私は、北海道でも東京でもペットホテルに飼い犬を預かってもらった経験があります。

時には信用できないペットホテルに預け失敗したこともありましたが、ほとんどのペットホテルが親身になって対応して頂き、非常に感謝しております。 いかに信用のおけるペットホテルに出会えるかにもよりますが、ペットが飼い主の留守中に快適に過ごせるよう事前準備はしっかり行っておきたいと思います。

どの記事でも本当に繰り返し言っているので「うるさい!」と言われてしまいそうですが・・

ペットホテルによっては冷暖房がないホテルもありますので、またはあったとしてもなかなか使わないホテルもありますので、気になる場合は必ず事前に各ホテルに確認をしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ