動物病院の見分け方

動物病院の見分け方(飼い主からみて)

ペットを飼ったときに「どのような動物病院を選べばいいのか。」と悩まれる飼い主も多いのではないでしょうか。 全国で約1万ほどの動物病院が存在します。その中から良い動物病院を見つけるポイントをお伝えします。

◯ 動物病院に何を望むか考える

「良い動物病院」と一言で言っても、人それぞれ動物病院に望むものによって良さは変わってきます。 ・時間をかけたくないので、診察時間を短く済ませてくれる方がいい ・じっくりと時間をかけ丁寧に診察をしてほしい ・治療以外にも、フードの相談やしつけ相談などにも対応してほしい ・治療費はなるべく安くしてほしい


など動物病院に求めるものは人それぞれ違います。 どんなに丁寧でしっかり診てくれる病院であっても、急いでいる飼い主から見れば良い病院とは言えないでしょう。最新機器や薬剤を多く揃え、最先端の技術を持つ優秀な獣医師や看護師がいる病院であっても、治療費の問題が出てきます。 逆に治療費はとても安く良心的であっても、出来る検査や手術の幅が狭い場合や取り扱う薬剤の種類が少ない場合もあります。 治療費が高いにはそれなりの理由があります。
獣医師や看護師が多い、最新機器を取り扱う病院はその分治療費も高くなる傾向があります。 しかし、人数が多ければ内科に強い先生や外科に強い先生など1つの病院で多くの知識と技術が集まります。さらに、人数が多ければ手術や処置の速度は上がり安全性も上がります。最新機器があれば検査の正確性や出来る内容は遥かによくなります。 逆に治療費の安い病院にもそれなりの理由があります。 獣医師、看護師の人数が少なければその分人材費はかかりません。しかし、急患の対応に限界があります。 手術も執刀医が1人、あとの麻酔や助手やモニタリングといったことを看護師1人や2人で行うことになります。 そうなると人数が少ない分手術時間は大人数で行うより長くなる傾向があります。 また、検査機器の種類が少ない場合や古い場合は検査の幅は狭まります。


高いから良い。安いから良い。ということではなく、まずは飼い主自身が何を重視するか?を考えることで自分に合った動物病院を見つけやすくなります。


◯良い動物病院を見つけるポイント

・ 電話対応が親切 まずは電話をしてみましょう。 電話の対応が親切でしっかりしている病院はスタッフ教育もきっちり行っています。 そういった病院は細かいところまで目の行き届く傾向があります。 ・清潔感がある 動物病院は、色々な動物が来院する為汚れや臭いはどうしても避けられません。 しかし、きっちりと掃除が行き届いている病院は臭いが違います。 待ち合い室にいるだけで臭いがキツイ病院は入院室はさらにひどい可能性が高いです。 病院はウイルスや菌を持った動物も来院するので、二次感染を防ぐ為にも清潔感のある病院を選びましょう。 ・病気の説明、治療方針をしっかり説明してくれる 病院に行っても結局どんな病気なのか?なぜこの処置や薬が必要なのかわからないという飼い主は多いのではないでしょうか。 病気や処置についてきっちり説明をしてくれ、わからない事を質問した時に嫌な顔をせず、解答してくれる病院を選びましょう。


動物病院は人間の病院と違い、内科や外科、眼科や皮膚科などに分かれおらず、獣医師や看護師が全ての知識や技術を学んでいます。 しかし、どうしてもそれぞれ得意分野や苦手分野というのは存在します。 ですので、病気に合わせて病院を選ぶというのも1つの考えです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ