ペットホテルの善悪

大切なペットを預ける施設としてペットホテルがあります。

ペットホテルは料金を支払って、一定期間飼い主に代わって面倒を見てもらうサービスです。

例えば、急な出張や長期の旅行で利用される方が利用されます。

また、安心して預けられるからという理由で使われる方もいらっしゃいます。 最近では、知人、友人にペットを預けてトラブルが起きたという話も良く聞きます。 トラブルが起きてしまっては両者に良いことはありません。 そこでペットホテルであれば、仕事として請け負ってくれるので信頼出来ると考えるのです。

しかし、預けられるペットの視点で考えるとどうでしょうか。

普段の慣れた生活から一転、見知らぬ施設に預けられます。 そして、飼い主はどこかに行ってしまうことになりますね。 言葉の通じないペットからすれば置いて行かれたと思っても仕方ありません。 また、食べなれない餌や環境によっては見知らぬ他のペットと空間を共有することもあります。

総じて鑑みると多大なストレスを感じさせてしまう要因がたくさんあることがわかります。

普段からペットホテルを散歩コースにして慣れさせるなど、事前に工夫した上で利用する分には良いと思います。 しっかりと実際のサービスや応対もリサーチしておくと良いでしょう。 ですが、何も考えなしにペットホテルを利用することは悪影響を与える面が強く、飼い主が気を付けて考えてあげなければなりません。 ペットによっては一度体調を崩すとしばらく持ち直せない場合もあります。

良くも悪くも飼い主の一匙でペットの命運は決まります。

ペットの気持ちを理解してあげられるのは飼い主であるあなただけです。 ペットホテルを利用する際は上手く活用出来る様に常に心掛けましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ