海外のペットホテル事情

海外でのペットホテルはどんなもの?

ペットホテルは日本だけにある訳ではありません。 外国にも多くのペットホテルが存在するのです。 むしろ、動物愛護の精神が強い外国の方が本場といえるかもしれません。

ペットホテルは英語で”pet boarding facilities”といいます。

外国のペットホテルの”pet boarding facilities”はどのようなシステムで、日本のペットホテルと何が違うのでしょうか?

基本的には日本のペットホテルと何ら変わりありません。

大切なペットを預かるのですから、お客様にホテル内を見学してもらったり、どんな場所に泊まるかなどを確認できるホテルもあります。 よりホスピタリティが高いイメージ良いかと思います。 世界では日本よりはるかに動物愛護の考えが色濃いです。 なので、外国のホテルは日本よりも細かな点に気を付け安全を重視している傾向にあります。

しかしながら、外国にはペットに対して「そこまでするのか」という過剰なサービスも多くあるのです。

例えば、人が泊まるよりも大きい部屋やリムジンでのお出迎え、ネイルアートなど、動物には必要ないのではないかとうほどの贅沢なサービスがあるホテルも少なくはありません。 そういったホテルでは、日本では想像出来ないくらいの値段がかかります。 人間の泊まるスイートルームも目ではないくらいの金額です。(当然数千円ではなく、日本の通常のペットホテルの10倍の費用がかかるようなところもたくさんあります。)

こうして比較してみると日本よりも外国の方が動物に対する接し方やできあい度合いは高いといえるでしょう。 一人一人の意識が高いのであれば、サービスの質も日本より自然と高くなります。(過剰なサービスはどうかと思いますが・・)

これは当然といえば当然ですが、日本同様外国でも悪質なペットホテルはやはり存在します。 ペットホテルの善し悪しを見分けるのは、実際に見学をしてみたり、利用者が身近にいれば感想を聞いてみたりという方法が最も確実かと思います。 皆様が良いペットホテルと出逢えることを願っています。当サイトが少しでもお力になることができれば幸いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ