韓国でもペットホテルが人気?

実は最近、韓国でもペットホテルの開業が急増しています。

その理由は、実は日本と同じような背景があり、

韓国は日本と同様、少子高齢化によりペットを飼う家庭が急増しているとのことです。 (韓国の初婚平均年齢は33歳らしいです!)

それにつれてペットホテルも増加しており、ペットホテルの利用者も増加している中である問題が出てきています。

主に二点あり、

■料金が高い ■扱いが雑な場合がある

これは日本でも同じことかもしれませんが、人気業種の為知識や経験の少ない方でも開業してしまうことが多いということです。

韓国では狭い檻でも一泊4,000円、少しグレードが高く個室の高級ペットホテルになると10,000円は軽く超えてしまい、数匹のペットを数日預けるとなるとそれだけで下手をすれば10万円程度かかる場合もあります。

そして韓国の法律でペットは『器物』という扱いのため、ペットホテルで預かっている最中に怪我等しても単なる『器物破損』で済ませられてしまうことも多々あるようで業者側のモラルが問題視されているのが現状です。

 

日本もペットホテルに関しては法整備が万全とは言える状況ではないと思いますので、何より大切なペットの為にも、韓国も同様に両国のペットホテルの環境が向上することを願います。

 

追記:韓国のペット事情

韓国では猫よりも圧倒的に犬の方が主流。

ペットショップでもキャットフードは少なく、代わりにドッグフードが溢れています。

ソウル市内の忠武路(チュンムロ)というところには『愛犬通り』と言われる程の通りがあり、とにかく犬に関するグッズやサロン等が密集しています。

またこれも日本と状況が似ているかもしれませんが、昔韓国で犬を飼っている人はお金持ちの方が多かったけれど、最近ではマンションでも犬を飼う事ができるようになったので室内で飼える小型犬の人気が高いのが特徴です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ