川口・蕨・戸田 / 埼玉のペットホテル

川口・蕨・戸田周辺のペットホテルをご紹介します。

ハウスオブラビット うさぎホテル

住所埼玉県川口市前川1-9-18
営業時間12:00~19:00
定休日祝日以外毎週水木曜日
一泊料金1,570円~
預かりペットうさぎ
サービス冷暖房エサホテル動物病院美容院ペットショップ

※ お電話の際には「検索サイトみた!」と
お伝えいただければスムーズにお話ができます。

ドッグショップ アイトールカフェ

main0011
住所埼玉県蕨市北町3-4-13
営業時間10:00~20:00
定休日年中無休
一泊料金3,200円~
預かりペット小型犬,中型犬,大型犬
サービスホテル美容院ドッグラン・運動場カフェ送迎有り

※ お電話の際には「検索サイトみた!」と
お伝えいただければスムーズにお話ができます。

東京都との境に接する埼玉県南部の川口市周辺は、町工場が軒を連ねる古くからの工業地域です。映画「キューポラのある町」の舞台となった川口市は、地場産業として根付いた鋳物工業が、町の象徴でした。幕末には江戸幕府の大砲の弾を製造したり、明治時代にも陸軍・海軍用に砲弾の製造を続け、埼玉県随一の工業地帯として、発展していきます。

しかし、市自体が、東京のベッドタウンとして宅地化が進んだことや騒音問題などで、鋳物工場はだんだんと郊外に移転し、街中ではほとんど見られなくなっています。ただ、川口市金山にある川口神社では、鋳物・鍛冶の神様・金山彦命を祀っていて、川口の鋳物の町としての歴史を感じることができます。

川口の隣の蕨市も、古くからの町工場が多い工業地帯でした。古くから外国人労働者の受け入れに熱心だったことから、蕨には様々な国の出身者がいます。最近では、中東からの人が多くなっています。特に、トルコ出身のクルド人が近年では増えていて、彼らはこの蕨を第二の故郷として捉え、彼らの地域の名称である「クルディスタン」をもじって「ワラビスタン」と呼んでいます。

当初は文化の違いからくる摩擦などもありましたが、今では市民と良い関係を築いている人が多く、文化交流イベントも開かれます。蕨は埼玉で最も国際的な町といえるかも知れません。

こうした働く人たちの憩いの場となっているのが、戸田市です。荒川と接する戸田市は水に恵まれ、水と親しめる町です。戸田公園には、ボート競技の練習や試合ができる漕艇場や、ボートレースの観戦ができる競艇場が存在します。また、夏には戸田橋花火大会が開催され、見物客で賑わいます。彩湖・道満グリーンパークでは、敷地内にバーベキュー場や釣堀もあり、休日には家族連れが楽しそうに過ごしています。美女木には、ヤクルトスワローズの2軍が練習や試合を行うヤクルト戸田球場もあり、将来のエースや主砲の成長を温かく見守るファンが訪れます。

オンとオフの切り替えをするには、川口市周辺は適している場所だといえるでしょう。
埼玉県川口市
サブコンテンツ

このページの先頭へ